障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律の実施に関する調査研究協力者会議(第3回)

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律の実施に関する調査研究協力者会議(第3回)
日時 平成27年7月7日(火)10時~12時
場所 文部科学省

今回、複数の委員から、親の付き添いについて言及がありました。
教育を受ける権利というのが阻害されている状況があるとして、
安全面の配慮を理由に親の付き添いがある事を問題としました。

また逆説的に、”親の付き添いを条件とすること”をどう解釈するのか、安全面や他の児童・生徒への影響があるからとした場合に、(親の付き添いを求める事を)どこまで認めるか、(そもそも合理的配慮の不提供の正当理由とされる)過重な負担について検討が必要ではないかを問いていました。

法律に記載されない部分で現在問題となっている具体的事象への掘り下げが十分行われ、これを機に問題が解決される事を我々は強く望んでいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top